空家の譲渡所得の特例|有限会社ネモトは、お部屋の片付けから不動産のご売却までをトータルサポートいたします。

お電話でのお問合せ

011-891-3272

【営業時間】10:00~18:00 【定休日】年末年始・夏季休暇

お部屋の片付けから不動産売買までトータルでサポートいたします。 

物件情報

店舗情報

有限会社 ネモト

〒004-0033

札幌市厚別区上野幌三条

5丁目17-3-101

011-891-3272

011-896-8009

10:00~18:00

年末年始・夏季休暇

札幌市厚別区の不動産会社です。お部屋の片付けから不動産のご売却までをトータルサポートいたします。

会社概要

空家の譲渡所得の特例

空き家となってしまった親の家を相続し、
売却した場合に譲渡益から3,000万円が控除されます。
親が住んでいた家屋及びその敷地を、相続または遺贈によって取得した子が、
2023年12月31日までに譲渡した場合、一定の要件を満たせば
譲渡益より3,000万円の特別控除の適用を受けることができます。
※親子関係以外の被相続人と相続人の間でも、適用を受けることができます。 

主な適用要件

  • 相続開始直前まで、親が住んでいた。
  • 相続開始直前まで、親以外に住んでいた人がいなかった。
  • 相続開始直前まで、親の家が建っていた土地。
  • 昭和56年5月31日以前に建築された家屋であること。(区分所有建物は除く)
  • 相続時から譲渡時まで空家で、貸したりしていないこと。(土地も含む)
空き家の譲渡所得の特例
● 相続時から起算して3年を経過する日の属する年の12月31日まで、
    かつ、2016年4月1日から2023年12月31日までの譲渡であること。
● 譲渡価格が1億円以下であること。
● 家屋を譲渡する場合(その敷地を合わせて譲渡する場合を含む)、
    譲渡時に現行の耐震基準に適用する家屋であること。

税額の計算例

1人暮らしの父が所有していた自宅(昭和55年建築の家屋と、その敷地)を相続しました。
父が亡くなって空き家になってしまったので 、この空き家を取り壊して、更地を3,500万円で
売却しました。解体費は200万円で、父が当時取得した費用は不明です。

収入金額     概算取得費     譲渡費用    譲渡益   
3,500万円-( 3,500万円×5%+200万円)=3,125万円
譲渡益     特別控除   譲渡所得
3,125万円-3,000万円=125万円
譲渡所得  税率   
125万円×20.315%= 税額253,937円 

※特例の適用がない場合は、税額6,348,437円 
 
生前ご親族様が住んでいたお家の中の遺品を整理したい。
相続した土地と家があるが、古いし誰も住んでいないので売却したい。
とお考えの方はご相談ください。
遺品整理のお見積り、不動産売却査定は無料で承っております。
ページの先頭へ